« 何度目の正直をお願いします | トップページ | 今まで黙っていましたが »

内回りと気づいて自信が揺らぎました

先週は予告どおりジェラルドの応援に新潟競馬場へ。結構、勝ってくれるはずだと自信満々で行ったのですが、競馬新聞をみてハッとしました。「芝2000M・内回り」・・・。

コレを読んで少し自身が揺らぎました。今回は管理人の当日頭の中で考えていたことです。

夏開催では3歳未勝利の外回りの2000Mはないんですね。気づいていたら、レースコメントの書きようも変わったんだけど・・・と反省仕切りです。理由はあとで詳しく説明します。

さて、パドックの雰囲気ですが、やはりしっかり休養したのが良かったのか、少しうるさいところがあのを除けば、申し分ない仕上がりでした。

Grd1

休養前のようなギコチなさもありません。馬体もピカピカです。

Grd2

一時は1番人気になりましたが、最終的には2番人気での出走です。もちろん1着以外はいらないので、単勝と馬単勝負です。あと3連単はジェラルド頭にドリーム2頭中心にフォーメーション。負けたら潔く帰るつもりでした。

ここで、最初の話に戻るのですが、なぜ内回りが良くないかということですが、ご存知のように新潟は小回りコース。それでも外回りがあるということで日本一長い直線を誇っています。その点、内回りコースでは直線も短く、ある程度前にいないと苦しくなります。

なんだ、それなら逃げ馬のジェラルドにとって有利じゃないかと思われるかもしれません。

Grd3

ただ、内回りで先行有利だというのは3コーナーの勝負所からペースが上がり、後方組が直線まで前との差を詰めきれない点にあります。逆に3コーナーでペースが落ちると、後方組に差を詰めるチャンスを与えることになります。

みなさんもご存知のようにジェラルドはスライドが大きく、クビを低くして推進力を得るような走りをしています。

Grd4

横から見ると、スライドが大きいのが良くわかります。大きく前に跳んでいる感じですね。つまり、小回りのコーナーではこのようなスライドの大きい走りがしにくくなるため、3コーナーではペースが落ちてしまうのではと思いました。

Grd5

案の定、コーナーではペースが上がらず、後続に詰められて4コーナーでは馬群が一団となりました。鞍上の吉田騎手としては後続を引き付けたのかもしれませんが、直線で後続を抑え切れる脚があれば別ですが、ジェラルドは追って伸びるタイプではないだけに直線入り口ですぐ捕まり厳しい競馬になりました。

直線では差し返すなど、かなり頑張ってくれたのですが、ゴール前で2頭に捕まり3着。ホントちょっとの差です。不利な展開でもあれだけ頑張ったんですから、なんとか勝たせてやりたかったと思いました。

吉田騎手はミスもなく及第点の騎乗でしたが、この時期になると、僅差の馬たちが集まる未勝利戦では、騎手の違いで勝ち負けが決まることが多いだけに、なんとかジェラルドを吉田騎手の腕で勝たせて欲しかったなと思いました。まぁ、あくまでも個人的な意見です。

ここで、また話は戻るのですが、個人的にはジェラルドは新潟なら内回りよりも外回りが向いていると思います。外回りはコーナーではほとんどペースが上がらず、もちろん後続も直線が長いので仕掛けてくることもほとんどありません。ある程度のセイフティーリードを保ちつつ、長い直線で大きなスライドの走りが生かせれば、ジェラルドの持ち味が生かせるのではと考えています。ですから、次走はぜひ外回りの芝1800Mに出走してくることを期待したいですね。

長く書き過ぎました、ちょいと反省。

|

« 何度目の正直をお願いします | トップページ | 今まで黙っていましたが »

競馬観戦記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内回りと気づいて自信が揺らぎました:

« 何度目の正直をお願いします | トップページ | 今まで黙っていましたが »