« 体調がすぐれず・・・ | トップページ | クラシック情報補完計画です »

カムバック念願のデビュー戦

 先週の土曜に新潟にカムバックとバイスのデビュー戦を見にいってきました。結果はみなさんご存知のとおり、両馬ともシンガリ負けでしたが、それに至るまでの率直な感想も含めて、ご紹介したいと思います。

Cmb1

上の写真は、ドーベルの孫としてデビューしたパドックでのメジロカムバックです。

 最初に注目のメジロカムバック(牡3、大久保洋、父アグネスタキオン、母メジロヒラリー)ですが、パドックで見る前に馬体重の発表をみて524キロか・・・と。馬格がしっかりしてるのかなと思いましたが、パドックに出てきて、明らかに太いなと思いました。あと、パドックを周回する間ずっとチャカついていて、厩務員さんも苦労されていたようです。他が経験馬ということで、すごく幼さが目立ちました。

Cmb2

騎乗命令が出た際は大久保先生自らが口笛でなだめようとしてらっしゃいました^^;

Cmb3

 レースでは陣営も不安視していたスタートで大きく出遅れてしまい、見せ場なく、後方のままシンガリ負け。先週、今週と坂路での追い切りで好時計を出していて、ひょっとしたらと期待していたのですが、やはり気性の成長がないと苦しい感じでした。今回はただ周ってきたという感じで、レースを使っていって変わってくれれば、楽しみはあると思います。

Cmb4

 個人的にはそれ以上に無事デビューできたというのがうれしかったですね。カムバックの耳元にピンクの御守が付けてありましたし、関係者の方々もそういった思いが強かったのかもしれません。

 次のレースに出走したメジロバイス(牡3、大久保洋、父シンボリクリスエス、母メジロビクトリア)は、カムバックと違ってスッキリした感じでしたが、若干細い気がしましたし、どこか覇気がないというか、ブリンカーをしているせいかもしれませんが、3歳にしては元気がないという感じでした。中間の時計も、1月に熱発で取り消す前より出ていないので、そこらへんの影響なのかもしれません。こちらもいい所なくシンガリ負けでした。

Vic1

 両馬とも勝ってやろうというような騎乗でもなかったように思えたので、ここは使っての進展を期待したところが大きかったかもしれません。いずれにせよ、これからの変り身に期待ですね。

 最後にカムバックについて、前々から書こう書こうと予告しておきながら、既にデビューしてしまいましたので、これについては明日必ず書きたいと思います。(たぶん・・・)

|

« 体調がすぐれず・・・ | トップページ | クラシック情報補完計画です »

競馬観戦記」カテゴリの記事

コメント

すいません、やっぱり無理でしたので後日(/ω\)

投稿: ジリ | 2009年5月12日 (火) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カムバック念願のデビュー戦:

« 体調がすぐれず・・・ | トップページ | クラシック情報補完計画です »