« 明日から出張が続きます | トップページ | 日々の更新で手一杯 »

勝つためにすべきこと

実は昨日はいったんブログを書き上げたものの、ブラウザがフリーズしてしまい・・・、そのまま寝ました。昔からこういったことは良くあることで、テキストエディッタで書いてからコピペしてたこともあったのですが、久々にこんなことがあると、ホントへこみますね。

さて、タイトルはもちろん藤沢和雄先生の著書からなんですが

昨年末あたりに出た本だったかと思うんですが、「競走馬私論」とかも読んでいたので、なかなか面白かったですね。書いてあることがベストとは言い切れませんが、藤沢先生にとってはベターであり、そして結果を出しているということでしょうか。ぜひみなさんも読んでみてはどうでしょうか。新書で700円くらいです。

どうしてこんな話をしたかというと、この本の前半は昨年のカジノドライヴのアメリカ遠征について書かれており、その遠征に登場するのが、先日新規開業した尾関知人調教師なのです。

尾関調教師は藤沢和厩舎で厩務員をしてたという経緯もあり、お手伝いすることになったようですが、オゼキングのブログもよく読んでいたので、なかなかの人だなと思っていました。

昨年、メジロ牧場にお伺いした時に、大久保洋吉厩舎で調教助手をされていて今度開業する尾関知人調教師に馬を預けるかもしれないという話を聞いていたので、開業のときに所属していた大久保洋厩舎あたりから何頭か入るのかなと思っていたんですが、他からマシューズとボニーが転厩してきましたね。

池江郎厩舎で成績的には見限られてもおかしくないマシューズと、3歳が好調の戸田厩舎で未入厩だったボニーと、よく見ると転厩の条件はそろっていたなと今更ながらに思いました。両馬にとってもこの転厩がいい方向に向いてくれるのでは、そう思います。

最後に、明日は有名蔵元の日本酒が集まる試飲会に入ることができたので参加してきます。最近、仕事がたてこんでいたので、おいしいお酒でも飲んで、ゆっくりしてきたいと思いますので、許してください^^;

|

« 明日から出張が続きます | トップページ | 日々の更新で手一杯 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 勝つためにすべきこと:

« 明日から出張が続きます | トップページ | 日々の更新で手一杯 »