« メジロブラボー札幌芝1200M | トップページ | ドーベル産駒の初勝利 »

メジロルマン新潟芝1800M

さて、いよいよ3頭目のメジロルマンです。雑誌や新聞等で取り上げられているように前評判が良く、当日は人気になりそうです。血統うんぬん関係なく応援したいところなんですが、書かなきゃいけないのかなと思いますので、頑張って書きます(汗)

メジロルマンは、父メジロマックイーン、母メジロタイムの牡馬。はじめに父メジロマックイーンについては、父のイメージそのままに中長距離が基本ですが、スピードが足りないところがあるため、持続力を生かして1200で勝つ産駒もいます。あと、スピードが足りない分、ダートがいいという場合もあります。

これからは少し脱線なのですが、ドリームジャーニーが2歳のG1を勝ったのをみて、マックイーンって母系に入っていい血統なのかなという気がしています。たぶん、自分だけじゃなく、他の多くの人が感じていると思います。フィリーサイヤーという話になると、ちょっと細かくなるのでここでは避けますが、4代制覇への期待は当然ですが、母系に入っての楽しみもあるわけですね。メジロでも、母としてメジロシャープやメジロサンドラあたりに頑張ってほしいところなんですが、シャープはなかなか結果が出せませんね。一方、サンドラの初仔であるメジロマリアン(父メジロベイリー)は、なかなかイイそうなので、こちらはデビューを楽しみにしたいですね。

話は戻りますが、マックイーン産駒は牝馬ばかりというわけでなく、ホクトスルタンの活躍など最近は牡馬でも結果を出してきています。なぜ、ここになってヤマニンメルベイユ、ホクトスルタンと活躍馬が出ているのかという疑問については、明確な答えはないのですが、どうもパーソロンという系統は初期と晩年に活躍した産駒が固まっているように思います。メジロアサマはパーソロンの初期の産駒で、シンボリルドルフは晩年の産駒。メジロマックイーンはメジロティターンの初期の産駒で、トウカイテイオーはシンボリルドルフの初年度産駒。こじ付けかもしれませんが、だから晩年の産駒は走る!そう思いたいです。ただ、ヤマニンメルベイユもホクトスルタンも母父サンデーサイレンスと母系から瞬発力を補強して現在の競馬に適応しているようにも思えますので、この辺がカギなのかなと。

一方の母のメジロタイムについてですが、メジロエバートにダンスインザダークで、前に行って抜け出す競馬で1勝をあげています。ダンスインザダークというと長い距離を後方から追い込んで長くいい脚を使うイメージがあり、タイムも切れる脚はなかったものの、長くいい脚を使っていたように思います。タイムの産駒では、父グラスワンダーでメジロレグルス(牡4)がいるのですが、グラスワンダー産駒らしくポコっとして、530キロ前後とかなり体を持て余していたように思います。ルマンは推定で470キロということで、その点はスッキリしているようです。

タイムの半姉で父サンデーサイレンスのメジロウインクに、同じようにメジロマックイーンを配合されたメジログレイブス(牡5、地方笠松)がいますが、ちょっとスピードが足りなく、ダートを使われていました。半弟の3歳メジロトランプ(父グラスワンダー)と同じ感じで、後ろから追い込んで5着くらいの競馬をしていたように思います。ただ、タイムは父がダンスインザダークに変わって、ウインクとは全く違うタイプでしたので、あまり参考にはならないかもしれません。

ルマンは6月に入厩して、美浦でじっくり乗り込まれてきました。調教では、速い時計も出しており、水準以上の動きを見せています。菊川調教師もいいスピードを見せているということなので、かなり期待していいのではないでしょうか。善臣騎手も、背中の感じや全体の雰囲気もよく、ゆったり走らせたほうがいいタイプとブログで書いていましたね。仕上がりもよく、課題のスピードや瞬発力をクリアーしていれば、あとは持ち前のスタミナや持続力で力のあるところを見せてくれるはずです。

ということで、期待は「★★★★☆」でどうでしょうか。

|

« メジロブラボー札幌芝1200M | トップページ | ドーベル産駒の初勝利 »

新馬のポイント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メジロルマン新潟芝1800M:

« メジロブラボー札幌芝1200M | トップページ | ドーベル産駒の初勝利 »