« メジロマリアン札幌芝1200M | トップページ | 週末は寝て過ごしてました »

メジロライダー札幌芝1200M

ここのところ新馬のポイントが多く、やっつけ仕事気味になっているので、もうちょっとじっくり書きたいなという思いもあります。

あと、ここで書いてることはあくまでも血統による傾向を提示しているに過ぎません。当然それを上回ったり、下回ったり、全く違ったりすることもあり、それが競馬のおもしろさであると思います。新馬戦を見るにあたって、少しでも予備知識的なものがあったほうが、レースを面白く見れると思いますので、その手助けになればと。ただし、専門家ではないので全く違っている場合もありますので、ご承知おきください。

さて、札幌で評判になっているメジロライダーについてです。

メジロライダーは、父サクラバクシンオー、母メジロマルチネスの牡馬で、半姉にメジロアースラ(父ブラックホーク)がいます。マルチネス産駒はこれまですべて勝ち星を上げていますが、どうも2勝目が遠い感じです。アースラも勝てる能力はあると思うのですが、あと一歩が届きませんね。

最初に父サクラバクシンオーについては、改めて言うまでもなく、内国産種牡馬の雄で、名スプリンターの血を受け継ぐ産駒を多くだしています。距離は1200オンリーというわけではなく、中距離でも勝てる産駒も出ています。メジロマイヤーは1800で重賞2勝ですから、母系次第では距離も融通がききそうです。ただ、基本の1200Mはやはり譲れない感じです。

一方、母系については、メジロモントレーにフォーティナイナーということで、ある程度距離に融通をみせてくれるのかなと思ったのですが、実際はライダーの上3頭の勝ち鞍はいずれも1200と短い距離にでています。このフォーティナイナーという種牡馬はご存知のようにダートで抜群の強さを見せ、数多くの重賞勝ち馬を送り出しているのですが、どうしても日本では大物が出ていません。既に種牡馬は引退しているため、後継種牡馬のマイネルセレクトがどこまで頑張ってくれるかにかかっています。ただ、実際のところは、海外に残してきた産駒が後継種牡馬として輸入され、エンドスウィープ、コロナドズクエストやトワイニングが期待に応える活躍を見せています。

確かに、フォーティナイナーはダートの短距離での勝ち星が多いですが、産駒のエイシンニーザンやサダムイダテン、後継のエンドスウィープ産駒のスイープトウショウやアドマイヤムーンをみてもわかるように距離についてもある程度融通をみせています。ただ、実際その傾向は牡馬で強いだけで、牝馬はスイープトウショウクラスでない限り、ダ1200以下に勝ち鞍が集中しています。マルチネスもそれにもれることなく、勝ち星はダ1000となっています。

そういったフォーティナイナーの傾向もあり、メジロマックイーン、メジロライアンという長距離系種牡馬をもってしても、マルチネスの産駒は1200で勝ち上がる産駒になってしまいました。母系はタフなだけに長くでてもいいような気がしたんですが・・・、やはりここもスピード不足ってことなんでしょうか。

父系も母系も1200となると、どうしてもライダーも1200じゃないかと結論を導きたくなるので、この札幌芝1200Mという条件はぴったりだと思います。7月に函館に入厩してから、きっちり乗り込まれてきており、仕上がりは十分かと思います。それと札幌の本馬場で行われた最終追い切りでは、圧巻の走りをみせ、ここに来て一気に評価を上げてきています。

2周連続を期待して、期待は「★★★★☆」でどうでしょうか。

|

« メジロマリアン札幌芝1200M | トップページ | 週末は寝て過ごしてました »

新馬のポイント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メジロライダー札幌芝1200M:

« メジロマリアン札幌芝1200M | トップページ | 週末は寝て過ごしてました »