« 今週くらいはゆっくりしたい | トップページ | メジロライダー札幌芝1200M »

メジロマリアン札幌芝1200M

今週も2頭が札幌でデビューします。今週も先週新馬勝ちしたドリームスに続く活躍を期待したいですね。

さて、2頭とも同じ札幌芝1200Mのデビューとなり、ちょっともったいない感じもしますが、最初はマリアンから行ってみましょう。

マリアンはみなさんご存知のメジロサンドラの初仔で、父メジロベイリーの牝馬になります。お気づきかと思いますが、初めての種付けとなる繁殖牝馬に対して積極的にメジロベイリーを付けているように思います。これからだとメジロジョーンズの初仔メジロウォーズもそうなりますね。

メジロベイリーについては、今回で3回目ということで少しは形付いてきたような感じがしています(参考:メジロデューチンメジロポッター)。メジロブライトの産駒の傾向を基本としつつ、父がメジロライアンからサンデーサイレンスに変わったことで、スタミナを基本としつつも、スピードのある産駒が多くなりそうな気がしています。新馬勝ちしたメジロポッターの陣営からも決め手不足をあげつつも、スピードと長い距離への適性を評価するコメントがあり、方向性としてはいいのかなという気がしています。

そこで母系に移るわけですが、メジロサンドラは、母に輸入繁殖馬のカンパナで、父はメジロマックイーン。成績は6勝、重賞3着2回と上のクラスでも十分に戦ってきた実績があり、初仔となるマリアンには当然期待がかかります。父メジロマックイーン、母父にサドラーズウェルズと、いかにも長目が向きそうな血統で、サンドラ自身も2400以上の長距離で結果を残していることから、当然に産駒であるマリアンも長いところが良さそうな気がします。ただ、メジロルマンのところでも書いていたように、スピードが足りないために、持続力を生かして1200Mを勝つ馬が出てきてもおかしくない日本競馬の実情があります。先週のドリームス同様で、洋芝で時計のかかる札幌はいいのかもしれません。

最後に、ベイリーにサンドラの組み合わせで考えると、父系からどれだけスピードが入れるかがポイントになるかと思います。ある程度のスピードを補強できるのであれば、瞬発力勝負になりやすい長距離においても結果を残せそうな気がしますが、足りなければ短い距離へ活路を見出すことになることもあるのかなと。ただ、個人的にはオープン入りした母ですから、そこらへんの底上げは当然期待したいところです。

今回の芝1200Mという距離については、やはり短いという感じはいなめません。でも、能力の高さと、速い展開で地力勝負のレースになれば、きっちり結果を残してくれるんじゃないかと考えています。5月に美浦に入厩して、ここまでじっくり仕上げてきましたから、仕上げは十分かと思います。

母同様の成長力に期待して「★★★★☆」でどうでしょうか。

ライダーを書く時間がないな・・・。

|

« 今週くらいはゆっくりしたい | トップページ | メジロライダー札幌芝1200M »

新馬のポイント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メジロマリアン札幌芝1200M:

« 今週くらいはゆっくりしたい | トップページ | メジロライダー札幌芝1200M »