« メジロポピンズ新潟芝1400M | トップページ | メジロハリー新潟芝1600M »

メジロシャレード新潟芝1600M

さて、もっとも注目度の高いメジロシャレードについてですが、なんとも書きづらいというのが正直なところです。母メジロドーベルから産駒の傾向を探るということは、ある意味、現実的でないような気がしますので、父系メインの分析になるでしょうか。

ドーベルはシャレードを含め、4頭の産駒を送り出していますが、初仔、2番仔とデビューできず、デビューを果たした3番仔メジロアレグレットもレース中に骨折で予後不良と、いずれも競走馬としては結果を残していません。それだけに4番仔であるシャレードには、その分も期待がかかっています。

産駒実績が少ないだけに、母ドーベル自身の走りについて考えることになるのですが、深入りすると大変になりそうなので、簡単なイメージで考えると、「悍性が強く、脚をためて爆発する」でどうでしょうか?それに反対のイメージで「折り合うのが難しい」というのも入れておきましょう。

そこで、いよいよ本題の父マンハッタンカフェに入るわけですが、言わずと知れたサンデーサイレンス産駒で、菊花賞、有馬記念、天皇賞・春を勝つなど長距離で活躍しました。種牡馬になってからも、初年度からメイショウレガーロやココナッツパンチをクラシックに送り出し、上々の滑り出しとなりました。そして、2年目の産駒であるオリエンタルロックが昨年の札幌2歳Sで初重賞制覇を成し遂げると、今年のクラシックではレッドアゲートとメイショウクオリアが立て続けに重賞を勝ち、オークス、ダービーへの道を開きました。また初年度産駒のマンハッタンスカイやヒカルオオゾラが4歳になって頭角を現して、重賞2着と結果を出してきており、にわかに注目を集めてきています。

以上のことからも、マンハッタンカフェ産駒は長距離のイメージがありながら、2歳から走り、春のクラシックも十分に狙える種牡馬で、そのあとも十分成長が見込めそうなのかなと。

そろそろ、結論的なものに行かなければならないのですが、なんとも難しいです。単純に新潟芝1600Mに当てはめて考えると、内回りの1400と違って向正面のスタートから外回りの4コーナーにかけてペースが落ち着くことがほとんどで、そこから最長の直線の追い比べになります。ただ、開催の最初のほうでは馬場の内側がよく、前が止まらないことが多いので、ある程度前を射程に入れた状態で脚をためることが必要になります。大久保先生のコメントからもシャレードにはいい意味で悍性があるようなので、母のようにうまく脚をためられるかが、ポイントになると思うのですが、吉田豊騎手からは母と違ってかかるところがないというコメントもあり、折り合いについては問題はないのかなと思います。ただ、実際のところはレースをみてみないとわからないと思いますし、いろいろ考えるよりは、今回はレースを見るのを楽しみする!というのが正解なのでは・・・。

確かに距離はもう少しあったほうがいいという気もしますが、仕上がりもよくある程度の走りを見せてくれるのではないかと思います。ただ、ひとつ気になることといえば、いつになく大久保先生が弱気なことかな・・・。結構不気味に感じています(笑)

ひと叩きしてからの大久保洋厩舎ですが、デビューを延ばしてじっくり乗り込んできたということもありますし、きっちり仕上げてくれてると思います。今回は期待も込めて

「★★★★☆」でどうでしょうか。5つ星でもいいんですが、一応これでお願いします^^;

|

« メジロポピンズ新潟芝1400M | トップページ | メジロハリー新潟芝1600M »

新馬のポイント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メジロシャレード新潟芝1600M:

« メジロポピンズ新潟芝1400M | トップページ | メジロハリー新潟芝1600M »