« 雨の休日 | トップページ | 夏競馬は始まったばかり »

メジロチャンプ函館芝1200M

今週はメジロチャンプが函館で新馬戦に出走します。開幕週にデビューしたテンダーとデューチンが結果を残せなかっただけに、チャンプでいい流れを作って欲しいですね。

さて、前回はベイリーの産駒傾向を優先するあまり、デューチンの調教過程の話をするのを忘れてしまいました。今回はそこらへんもモレナク。

チャンプの父は今更語る必要もありませんが、メジロライアン。ドーベル、ブライトを引き合いにだすまでもなく、勝負根性とタフさを受け継いだ産駒が多く、「雨のライアン」と言われるようにしっかり雨が降ったような馬場ではその能力をいかんなく発揮してくれる。ここ何年かはダートでも走る産駒が出ていますが、基本は芝向き。瞬発力勝負で分が悪い分、ダートで伸びているという感じでしょうか。

ただ、メジロ牧場でのメジロライアン産駒の成功例は思いのほか少なく、ここ何年かは未勝利を脱出できないでいます。一方でドーベルの全弟であるコルセアが活躍しているように、産駒が活躍した母馬にまたライアンを付けると、全弟妹がまた走る。そんな感じがします(ただ、メジロ以外ではそう走っていないようですが・・・)。ただ、共通することがあるかといえば、ハッキリとしたものはないですよね・・・。

父ライアンはちょっと置いといて母系についてみてみると、以前ショウナンアルバが共同通信杯を勝ったときに少し話しましたが、サンダーガルチを輩出した牝系で、欧州のステイヤー血統を重ねてきた名牝系です。ただ、サンダーガルチの母でストームバードが入ったあたりでアメリカっぽくなったというかダートバリバリになってしまったようです。

チャンプの祖母ザスキートは白老ファームが輸入した繁殖牝馬で、サンダーガルチの母の半妹にあたります。ただ、ストームバードの代わりにヌレイエフということで、サンダーガルチの近親とはいっても、トニービン、リアルシャダイ、ダンスインザダーク、メジロマックイーン、ホワイトマズルと付けられているように長いところを期待されていたようです。

ただ、サンダーガルチの近親として輸入された繁殖牝馬全般に言えることなんですが、バトルラインを超えるような活躍馬は今のところでていません。

長いところを期待されていたザスキートにアフリートを付けて生まれたのが、チャンプの母であるパシフィックベルになります。アフリートはミスタープロスペクター系の中ではどちらかというとアベレージヒッターで、コンスタントに活躍馬を送りだし、ハズレは少ないものの、当たりもあまりでない種牡馬です。パシフィックベルも、産駒はまだシーゴーだけですが、ダートに対応して、やや一本調子な産駒を出ているように思います。ただ、これはシーゴーの父ワイルドラッシュの影響もあると思うので、この段階では言い切れないと思います。ただ、シーゴーが新馬勝ちしたように仕上がりの早い産駒を出してくれるように思います。ですから、奥手のライアンでもこの時期にデビューできるようにいい方向に出ているのかもしれません。

最後にチャンプは5月末に入厩して、順調に時計を出しています。1週前は函館への移動で追い切ってはいませんが、2週前の追い切りでは坂路で50秒を切るタイムを出して、一気に注目を集めています。函館での最終追い切りでもいい走りを見せており、非常に楽しみな仕上がりとなっています。あとはライアン産駒が函館の芝1200Mに対応できるかどうかですが、ある程度流れに乗れる競馬ができるのなら、時計がかかってタフな函館の馬場は向くはずです。1200もこの時期なら問題ないのかなと。それに今度こそのアンカツが騎乗ですしね。

期待度は前回のことがあるのでやや遠慮して

「★★★☆☆」でしょうか。

|

« 雨の休日 | トップページ | 夏競馬は始まったばかり »

新馬のポイント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メジロチャンプ函館芝1200M:

« 雨の休日 | トップページ | 夏競馬は始まったばかり »