« メジロティモン中山ダ1800M | トップページ | 明日はたぶん更新お休みします »

メジロドラッケン中山芝1800M

今日のティモンは能力は感じたのですが、出遅れた時点で競馬が終わりでした。もう少し頑張って欲しいですね。

さて、今回は社台から入ってきたスターアミュレットの仔メジロドラッケンです。この母系出身で父フサイチコンコルドといえば、もちろんバランスオブゲームですね。

バランスオブゲームといえば2歳戦から活躍し、7歳まで息の長い活躍をしましたが、フサイチコンコルド産駒の傾向も同様で、2歳戦から走り、古馬になっても成長力をみせてくれるようです。ただバランスオブゲームのように芝で走るという馬もすくなく、ブルーコンコルドのようにダートで活躍するような馬が多くなっているようです。かといって、芝がダメということではなく、カーリアン、ニジンスキーと繋がる系統ですから、芝だけでなくダートもこなせる感じでしょうか。ただ、実際のところは決め手鋭いサンデー系にかなわず、ダートに活路を求めているという印象です。

母はステイゴールドの半妹で父バブルガムフェロー。現役時代は13戦0勝の未勝利。レースは全くみていないのでなんとも言えないのですが、血統的にバブルガムフェローですからダートが向いたのかなと思います。ただ、ステイゴールドの半妹だけに馬格がなく、400前後の馬体ではやや苦しかったかもしれません。サンデー系の中では目立っていないバブルガムフェローですが、半兄のキャンディストライプが昨年のBCクラシックを勝ったインヴァソールを輩出するなど注目を集めています。

総括すると、なんかダートでバリバリ走りそうな気がしてしまいますが、芝で走る力は十分にあり、デビュー戦ではいい競馬をしてくれるのではないかと考えています。あとは母は小さいようだったので、ドラッケンがどれくらいの馬体で出てくるかでしょうね。少しコロッとしたフサイチコンコルドですから、400後半だといいんですけどね。時計もまずまずですけど、抜群って感じではないようです。ルメール騎手ですから前目の競馬で粘りこみと行きたいですね。期待はこんくらいかな。

「★★★★☆」

|

« メジロティモン中山ダ1800M | トップページ | 明日はたぶん更新お休みします »

新馬のポイント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メジロドラッケン中山芝1800M:

« メジロティモン中山ダ1800M | トップページ | 明日はたぶん更新お休みします »