« シュナイダーが伝えてくれるもの | トップページ | ギャロップの新創刊によせて »

64年ぶりの快挙

とりあえず定期更新。

まさか自分の生きている間に牝馬のダービー制覇をみることができるとは、考えてもみませんでした。アドマイヤオーラの母であるビワハイジの大敗から近代競馬では無理だろうなと思っていたんですけどね。本当に競馬はわからないから面白い。ヴィクトリーが出遅れて本命のホウオーまである意味道連れにするとは・・・。

自分が最後に生でみたダービーはアドマイヤベガが勝ったときで、そのとき今度ダービーを見に来るときはメジロが出走するときって決めたのですが、もう8年くらい経っちゃいましたね。来年はぜひダービー観戦したいっす。

|

« シュナイダーが伝えてくれるもの | トップページ | ギャロップの新創刊によせて »

編集後記」カテゴリの記事

コメント

ウオッカの生産牧場はこれで4頭目のダービー馬らしいですね。
早くメジロにもダービー馬が出てほしいですね。ランバートが最後のダービー出走馬でしたっけ?自分もダービーでメジロの馬を応援したいです!

投稿: もっち | 2007年5月28日 (月) 08時56分

たぶん、ランバート以来出走がありませんね。本当に東京競馬場に行きたい!

投稿: ジリ | 2007年5月28日 (月) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 64年ぶりの快挙:

« シュナイダーが伝えてくれるもの | トップページ | ギャロップの新創刊によせて »