« 東京ハイジャンプへ手応え | トップページ | 64年ぶりの快挙 »

シュナイダーが伝えてくれるもの

とりあえず定期更新です。

最近、登録抹消がいないかビクビクもんです。3歳のアルマク、ホマムも結果を残せないまま抹消でしたし、3歳にはなんとか頑張って欲しいですね。

シュナイダーの引退については、脚元がしっかりしていたらもっと・・・と思いたくなるほどですね。母のマスキットはみなさんもご存知のように中山大障害を勝った名ジャンパー。シュナイダーが福島ジャンプSを勝ったとき、これなら母のように重賞もいけると思ったんですが、脚部不安で重賞の新潟ジャンプSを回避。そしてそのままターフに戻ってくることはありませんでした。これからは母として名ジャンパーの血をその子供たちに受け継いでいって欲しいです。

ちょっと探してみたら、その時の福島ジャンプSを見にいっていました^^;アービン、ベイシンガーも出走していたレースで、これがそのときの写真です。

Syunai

|

« 東京ハイジャンプへ手応え | トップページ | 64年ぶりの快挙 »

編集後記」カテゴリの記事

コメント

マスキットというかモガミというか。
青黒い身体と名前が相性ばっちりでカッコよくて、大好きな一頭です。

ところでシュナイダーって、馬名の由来なんでしたっけ?(^^;;
何の年代だったか思い出せません。。。

投稿: アッキー@Wish | 2007年5月22日 (火) 22時17分

確かテニス選手だったはずです^^;
ブライトの下のジャクソンと同じ世代だったと聞くと
やっぱりシュナイダーは長かったなと改めて実感しますね。

投稿: ジリ | 2007年5月23日 (水) 19時39分

ありがとうございます。
サンチェス見て思い出しました(^^;;

そういやジャクソンと同世代だったんですねぇ。
随分長い間頑張ってくれました……そしてその分ぼくも年を……(以下自粛)。

投稿: アッキー@Wish | 2007年5月24日 (木) 23時11分

(/ω\)

投稿: ジリ | 2007年5月27日 (日) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュナイダーが伝えてくれるもの:

« 東京ハイジャンプへ手応え | トップページ | 64年ぶりの快挙 »