« トンキニーズの頑張りに期待 | トップページ | 進捗状況 »

敗因を考える

とりあえず定期更新。

タイトルを途方もないものにしてしまいましたが、結局は自分ではわからないと思います。ですからこれからの関係者のみなさまの頑張りに期待するしかありません!

さて、今週はメジロ以外でサオヒメ、そしてあわやのヤマニンメルベイユ・・・あそこまで行ったら勝ってほしかったな。

さて今回アルタイスのレースで4コーナーの審議があったのでせっかくだったので見てみましょう。

1

上の図はその4コーナーでの実際の進路です。番号が実際の着順ですので、大外の赤の3番がアルタイスになります。逃げて4着となった1番人気の馬が先頭でコーナーを回っていき、結局赤の矢印で書いたとおり直線では6頭分並んでしまい、アルタイスが大外になりました。よく言う大外ブンまわりですね。結局2番手の緑の馬が後退し、開いたスペースから1着馬と2着馬が抜けてきて、大外をまわったアルタイスがそれに詰め寄っての3着となったわけです。このように今回は外をまわったロスが響いたという結果になりましたが、個人的には乗り方が悪かったとは言い切れないと思います。

それでは、良い乗り方とは?ここは個人的な考えなのでご容赦願いたいのですが、前の2頭が動き出す前に前に入って4頭目には入れれば外をまわるロスは少なくなります。

2

上の図のような感じでしょうか。去年の有馬記念での4コーナーでのディープインパクトのような感じですね。ただ、これをやるにはすっと動ける小脚を使える器用さが必要になりますが、たぶんアルイタスには荷が重いでしょうね。かといって内に潜り込むには前には1、2がいますから可能性的には望み薄でしょうし、アルタイスの長い末脚を生かすならば、大外ブンまわりのほうが可能性が高い。そう自分は思いました。

中京で後ろから行かざるを得ないとなると、ファルコンSのダノンムローもそうでしたが、ロスとわかってて大外まわるしかないんですよね。中山か東京であれば勝てた内容ですから、悲観することはないかと。

まぁ騎手でもないので、上の説明が的を得ているかわかりませんが、公式でパトロールフィルムも公開されていますし、じっくり見てみては。

|

« トンキニーズの頑張りに期待 | トップページ | 進捗状況 »

編集後記」カテゴリの記事

コメント

アルタイスについてはスタートが良くなって
くれたことが収穫だと思います。
1、2戦はゲートが開いたのを確認してからスタートし始めたような感じでしたから・・・
これでジョッキーも位置取りを考えて乗れるようになれると期待してます。
しかし、3歳の2勝目は遠いですね。。
個人的には、出走済みメンバーでは
カペラが新潟行ってくれれば勝てると
思っているのですが。使い詰めの気もしますし。
歯痒いです

投稿: SS | 2007年3月12日 (月) 00時57分

本当に2勝目が遠いですね^^;
個人的には先週走ったヴィルゴは次走あっさり勝ってしまうような気がしてます。
ホント直線だけの競馬、それで伸びはよかったですから、叩いた上積みは期待できそうです。
あとは制裁があったようにどうもまっすぐ走れない理由がありそうですね^^;

投稿: ジリ | 2007年3月12日 (月) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 敗因を考える:

« トンキニーズの頑張りに期待 | トップページ | 進捗状況 »