« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 地方競馬だより »

新年不発のメジロ

とりあえず定期更新。

開幕週での1勝目はなりませんでしたね。

土曜日はレースを見れなかったのでこれからなんですが、日曜と今日のメジロのレースをみて思ったことなんですが、吉田隼人騎手とバルジューがおっと唸らせるような騎乗をみせてくれました。

12月の優駿のコラムで高市調教師が書いていらっしゃったんですが、外国人騎手はレースで邪魔をされたり、不利を受けたときも「そういうところにいた自分がいけない」と考える人が多いというのです。自分もメジロ通信にジョッキーのコメントを載せていますが、日本の騎手のコメントの多くが騎乗自体ではなく、他の要因を理由にしてコメントしているんですよね。

「内でつつまれた」「ペースが遅かった」「切れる脚がない」など傍から見て分かるような理由で結論付けてしまうようでは困るし、ジョッキーなんだからもっと考えろよと思うのです。ただ実際はコメントに出ないところで騎手の方々は考えているとは思いますがね^^;

コメントも読むにしても、ただ読むのではなくて、レースと照らし合わせて、その騎手がどう考えて乗っていたのか推測してみるのも楽しいかもしれません。

さて話は戻りますが、唸った騎乗というのは、吉田隼騎手はヘレネで後方から追い上げるときの進路のとり方。バルジュー騎手はペースが落ちたと見るや、カールをすっと最後方から中団まで折り合いを欠くことなくつけたこと。両馬とも決して順位はよくありませんでしたが、いい判断だったと思いました。

メジロがひとつでも多く勝てるよう、騎乗する騎手には頑張ってもらいたいですね。

|

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 地方競馬だより »

編集後記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新年不発のメジロ:

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 地方競馬だより »